きっとセラピー

アイドルとポエムと心理

LGBTに対してのわたしの気持ち

こんにちは〜!

学校の作文で「LGBTについて」という課題が出ました。その時に書いた私の気持ちです。原文を少し訂正して公開します。

 


私の周りにはLGBTの方がたくさんいます。その方々は普通に、何事もないように楽しく笑っています。ですがその裏にはプリントで読んだような苦労や葛藤があったのかと思うと心が痛くなります。


カミングアウトした後に親との確執も生まれてしまうことが多いそうです。ありのままの自分を親に受け入れてもらえないなんて涙が出ます。私だったら死んでしまいたいくらい辛いです。ですが正直、もし私がLGBTだったとしてそれを告白したらうちの親も同じように私を否定すると思います。


この国はLGBTに対する偏見だらけです。特に年齢層が高い方は、昔から「同性愛はおかしい」「気持ち悪いもの」という教育を受けてきたであろう確固たる思考を感じます。こんなのおかしいと思います。多数派を正しいとしてその他は切り捨てる。過去の日本の教育を疑います。知り合いのLGBTの方は教師に嫌なことをたくさんされたとおっしゃっていました。ありえないです。教師を見て育つ生徒達も、こんなひどいことを繰り返してしまうかもしれないのに。


私は幸い、LGBTになんの偏見もなく育ってきました。ですが現代でもテレビなどで差別的な扱いを受けるLGBTの方を目にすることは少なくありません。おもしろければなんでもいい、そんな風にテレビを作っているんだろうなと感じます。傷付いてる人の声なんて見向きもしません。


例えば、同性愛者のタレントさんが恋愛の話をしている時などに、同性の方々が一斉に「狙われる」「怖い」などという反応を取る時。同性愛者の方は同性なら誰でもいい、みたいな風潮。異性愛者の人が普通に異性と接するように、同性愛者の人だって普通に同性と接しますし、必ずしも全員恋愛対象ではありません。性のモンスターとでも思っているのでしょうか。
私はカズレーザーさんの考え方が大好きです。「普通のバイセクシュアルです。ゆがんでる人もいるじゃないですか。僕はまっすぐ!ただ、2車線あるだけ、それ以上でも以下でもない」
カズレーザーさんは普通に自分はバイセクシャルであると言います。本当に普通に。昨日の晩御飯を話すよう。まるでLGBTが普通に受け入れられる社会であると勘違いしてしまうくらいです。こんな素敵な人が世に出てきてくれて私は本当に嬉しいです。


もっとLGBTへの理解が深まって、誰も自分を隠すことなくありのまま生きられる、排除なんてしない、そんな世の中になりますように。