きっとセラピー

アイドルとポエムと心理

「学校」という世界に嫌悪感を感じる子たちに聴いてほしい曲

私は幼稚園から高校まで、学校というものに対して息苦しくてたまらなかった記憶が多くを占めてます。

 

そんな中で思春期の私を支えてくれた音楽たちを紹介させてください。

 

 

「深夜高速」フラワーカンパニーズ

生きていてよかった 生きていてよかった 生きていてよかった そんな夜を探してる

一度聴いたら忘れられない生きてよかったの連呼。

世代越えて愛される最高にロックで儚い曲。

YouTubeのPVはもちろんコメント欄を一度見てほしい。

カラオケで魂抜けたみたいに号泣するのあるある。

 


フラワーカンパニーズ 『深夜高速(25th Annivarsary Mix)』

 

 

「晴れた日の教室」それでも世界が続くなら

サビの

学校に行きたくないな 制服なんか着たくないな

 

という歌詞の愚直さ。好き。ひたすら悲しくて学校行きたくない時にどうぞ。それでも世界が続くならの曲は全部良い。「水色の反撃」もおすすめ。いじめの曲です。

 


それでも世界が続くなら「晴れた日の教室」

 

 

シェリー」尾崎豊

尾崎豊さんといえば「15の夜」や「卒業」などバリバリの反骨精神ソングが有名な歌手ですよね。

シェリー 俺はうまく歌えているか

俺はうまく笑えているか

俺の笑顔は卑屈じゃないかい

俺は誤解されてはいないかい

俺はまだ馬鹿と呼ばれているか

俺はまだまだ恨まれているか

俺に愛される資格はあるか

俺は決してまちがっていないか

俺は真実へと歩いているかい

 

曲最後らへんにくるこの歌詞が本当にだいすき。何度も何度も問ってしまう重い不安。情けなくて消えたくて怖くてでも生きたい そんな気持ちを表してる。

自分と重なって「でも大丈夫」と思えてすごく助けられた。

 


尾崎豊 -shelly

 

曲をピックアップしていて気付いたのですが、「生死」を歌っている曲が多い。

学生にとって「学校に行く事」は生きる事だから、それが苦痛で怖いと嫌でも「生死」について考えてしまうのかな。

今学校が辛い子も大丈夫だから。こんな私が高校卒業して社会に出られたから大丈夫(笑)絶対大丈夫だよ。思い詰めすぎずに音楽にでも寄りかかって自分の声もちゃんと聞いてあげてね。一緒に生きようや~!