きっとセラピー

アイドルとポエムと心理

雑多アカウントへの道

私は雑多アカウントというものを持つのが苦手でした。

 

KinKi Kids、嵐、乃木坂46欅坂46、ダイエット、コスメ、玉城ティナモーニング娘。うしろシティ、ファッション、ポエム、小説、ネイル、カメラ、邦楽、自撮り、育爪、TWICE、犬、LGBTフェミニズム大森靖子、橋本環奈。。。

 

好きな人物、興味がある事柄、本当にたくさん。多趣味だなぁって自分でも笑えるくらい。でもそれを同じアカウントでつぶやけない。必要以上に住み分けをしてしまう。

 

たとえば、美容系のアカウントでジャニーズのことをつぶやくのを躊躇するとか。

 

ジャニーズのことを中心に書いているこのブログでメンタルヘルスのことを書いていいのか悩んだりとか。

 

なんかこう、いろんな理由があるんだと思うけど、都合よく好かれたい嫌われたくない、自分を全部さらけ出すのが怖い、とかそんな感じ。

 

たぶん現代病っぽいんだろうな。10代の子で共感してくれる人多いはず。

 

でもさ

 

私以外私じゃないよ。

 

馬鹿みたいに民衆を気にするでない私。

 

シンプルに「考えすぎ」な気もする。

 

他人はそこまでひとりの人間に目を向けてない。これ意識するの生きていく上でかなり大事と思うよ。

 

それに、小さいことでうじうじ悩んで自分の殻に閉じこもる人より、大きく飛んで酸いも甘いもさらけ出してる人のほうが魅力的にも見える。

 

がんばろうね、

 

変わりたい。

 

大きな声で自分の好きなことを叫べる人間に。

 

大好きを譲らない強さを持った人間に。