きっとセラピー

アイドルとポエムと心理

散って他人撮りと

また他人撮りに絶望した。

わたしはストレス発散に食べることを使うタイプです。自制がないです。摂食障害と診断されて心療内科に通っています。今は非嘔吐過食。

ここ1年で15キロぐらい増えた。たぶん。

体重計に乗るのはどう考えても自傷行為なのでもう半年は乗ってない。

今を見て見ぬ振りしきれなくて苦しくなったり、痩せてた楽しかった頃を思い出しては悲しくなる。食べる。悲しい。食べる。

家族とご飯に行って写真を撮った。他人撮りだ。半袖を着ていた。見ると腕がすごく太かった。太っている人の腕、という感じだった。自分のものとは到底思えない。心が追いつけない。ギャップがあった。つらい。気持ちはまだ...。

つらい。

とってもつらい。

素直につらい。

「ソファーに寝転びながら何時間も持っているスマートフォンでこれを書いている今」もつらい。

つらい。

摂食障害は心の叫びだからなったからこそ自分と見つめ合うべきいい機会 みたいなこと言う人もいるけどさ、実際そうなんだろうなと思うけど。治っちゃえばいいのに。

薬で治っちゃえばいいのに。

脳なんて無視して無理矢理直しちゃえばいい。

つかれた。自分と向き合うの。

自分の心と向き合うの疲れた。

もういい

何がいいのかわかんないけど、もういい

もう、わたし、外に出たくない

外の世界が怖い見られたくない

自意識と戦うのいやだ

ずっと家にいればいい

もういらない

外の世界で得られる蜜なんていらない

明るいともだちと笑い合う時間も男の人に褒められてにこにこする時間もお洋服を試着して買う時間も好きな人に会いに行く時間も、もう

どうせわたしには

似合わない

 

追記:ぜろひゃくで考え過ぎたね...